住所〒446-0063 愛知県安城市昭和町19-35

JR東海道本線「安城駅」、名鉄西尾線「北安城駅」より徒歩10分
電話 0566-76-2858

愛知県安城市昭和町の骨粗しょう症と背骨の病気専門「さとう整形外科」。診療科目はリハビリテーション科・整形外科・リウマチ科。

リハビリテーション科

リハビリテーションとは?

単語からは、re(再び)habilitation(適応する)という意味です。語源は、失われた社会的身分の回復のことでありますが、医学の立場では、傷病者や肢体不自由者(児)などの機能回復後の社会復帰を意味しています。

当院では、痛みや動きにくさなどにより、生活(スポーツなども含む)に支障をきたしている方が、元の生活に戻れるよう、医師とリハビリスタッフが連携をとりながら、可能な範囲最大限の能力を引きだしていきたいと思っております。

リハビリでできる事とは?

柔軟性(関節の動き)の向上、筋力の向上、持久性の向上、バランスの向上、姿勢・動作(歩くなど)の向上、再発予防ができます。
これらによって、痛みの緩和、関節の動きの改善、姿勢・動きの改善、再発予防をしていきます。

リハビリの対象は?

1.痛みに対して

頭痛がする、肩がこる、腰が重い、首・肩・腕・腰・股・膝・足などの痛み対して、薬、注射、手術で治るものもあれば、リハビリ(治療や体操)で治るものもあります。

2.骨折後や五十肩など、体の動きに制限が生じた場合

骨折後は、医師が整復固定し、骨折の治癒を促進します。骨折が治癒した後に、関節が固くなり、動きが制限されるため生活に支障がでてきます。固くなった体に対して、電気療法や徒手的に体を柔らかい状態にしてから関節を動かしていき、元の状態に近づくように治療・訓練していきます。

3.歩くなどの動作が悪くなった場合

「歩きにくい」「立ち上がりにくい」「寝返りが出来ない」また「ボールを投げにくい」「走れない」「ボールを蹴れない」などスポーツでの動きでも制限が生じることもあります。それらに対して、動きを観察し、柔軟性・筋力・持久性・バランス・動作の未熟など、どこに問題があるのかを分析し、各個人に合わせて治療・訓練をしていきます。

4.その他

疲れやすい、体が重いなど、どんな些細なことでも、遠慮せずに一度ご相談ください!!

当院リハビリではどんな治療・訓練をするのか?

ステップ1 痛みの緩和・可動性の改善
 
ステップ2 運動療法による筋力・持久性の改善
 
ステップ3 姿勢・動作の改善
 
ステップ4 再発予防

1.電気療法

筋肉に電気を流すことにより、痛みの物質や老廃物を流し、痛みを緩和させます。また、電気刺激自体が痛みの抑制になります。(痛みはありませんご安心ください)

  • 低周波療法
  • 低・中周波療法
  • 干渉波療法
  • 超音波療法

2.牽引療法

頚部と腰部に牽引を行います。体がかたい場合に筋肉や関節を伸ばしたり、椎間板ヘルニアの椎間板にかかる負担を減らし症状を軽減させます。

  • 腰椎牽引
  • 頚椎牽引

3.徒手的療法

セラピストの手を使って、直接的に固い部分を伸ばしたり、固い部分を動かしていき、柔軟性の改善、痛みや動きを良くし、運動療法をしやすくします。

  • 治療的マッサージ
    (癒し目的では行っておりません)
  • ストレッチ
  • 関節モビライゼーション
  • 関節可動訓練

4.運動療法

若年者・成人・高齢者など、それぞれの問題に合わせ、一人一人にあったプログラムを立案し、運動をして症状を改善していきます。

  • 筋力訓練
  • 自主運動指導
  • 徒手的抵抗運動
  • ゴムチューブでの訓練
  • バランスボール訓練
  • マシーン訓練
  • マシーン訓練

5.姿勢・動作指導訓練

  • 体に負担をかける姿勢そり腰タイプ
  • 良い姿勢
  • 体に負担をかける姿勢ねこ背タイプ
  • 松葉杖訓練

6.再発予防指導

体の構造を理解してもらい、どうすると負担がかかるか、また負担がかからないかを徹底的に指導し、予防していきます。また、捻挫の場合再発予防・症状軽減目的にテーピング指導も行っています。

  • 腰に負担が多い×
  • 腰に負担が少ない◎
  • テーピング指導

リハビリはどう始まって終わるのか?

ステップ1 病院を受診
 
ステップ2 医師の診察
 
ステップ3 医師の判断によりリハビリの指示
 
ステップ4 電気・牽引療法のみの場合、セラピストのみの場合、電気・牽引療法+セラピストの3種類があり、医師が各患者さんの状態に合わせて指示 →リハビリによる体の評価
 
ステップ5 リハビリによる治療・訓練
 
ステップ6 週1~3回または2週に1回のペースで通院
 
ステップ7 1~3ヶ月を目標に状態が良くなり医師の合格をもらえれば終了
  • 適宜、医師と連絡を取り合い、状態の変化に合わせてプログラムを変更していきます。
  • リハビリは予約制となるので、待ち時間が少なく、時間に合わせて行うことができます。

最後に

当院リハビリでは治すことを目標に、その原因となっている姿勢・動作の改善のために運動療法に力を入れています。

今までに使ってこなかった筋肉を動かす分、運動で疲れたり、筋肉痛が生じることもあります。
しかし、根本を治すためには、自分自身の力で体を作っていかなければなりません。

リハビリには自分自身での努力が必要になります。
そこに私たちスタッフが手助けをさせて頂けたらと思っています。各個人の状態・レベルに合わせてプログラムしますので、共に治していきましょう。

ページトップ