住所〒446-0063 愛知県安城市昭和町19-35

JR東海道本線「安城駅」、名鉄西尾線「北安城駅」より徒歩10分
電話 0566-76-2858

愛知県安城市昭和町の骨粗しょう症と背骨の病気専門「さとう整形外科」。診療科目はリハビリテーション科・整形外科・リウマチ科。

腱板損傷

腱板」とは、肩甲骨と腕(上腕骨)をつないでいる筋肉の一部です。
これは、肩を安定させる役割や、腕をあげる働きをします。
腱板損傷の原因は、外傷によるものや、加齢による腱の脆弱、日常生活動作の中での繰り返しのストレスなどによって損傷する場合があります。

  • 肩の構造図
  • 腱板断裂

症状

夜間痛
就寝時に痛みが出て、目が覚めてしまいます。
運動時痛
肩を動かしたときの痛みが出ます。
脱力
腕に力の入りづらさを感じます。腕をあげられなくなる場合もあります。

診断

レントゲンでは腱板自体が映らないため、正確な診断のためにはMRI検査が必要です。当院ではMRIを導入しており、早期発見、早期治療が可能です。

治療

保存療法
腱板の断裂部が治癒することはありませんが、保存療法により症状が軽快します。
注射や内服で痛みを和らげます。またリハビリテーションにより腱板の残存機能訓練や拘縮の予防、生活指導などを行います。
手術療法
保存療法で改善がみられない場合は、手術を勧めることがあります。手術は主に関節鏡視下手術が行われ、切れた腱板を縫合します。この手術は傷口が小さいのが特徴です。手術が必要な方には専門の病診連携をとっている病院を紹介します。

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

肩関節周囲炎とは壮年期以降の人に起きる肩関節の痛みと動きの制限を伴う病気の総称です。肩関節とその周辺組織(関節まわりの靭帯、筋肉、関節を包む関節包、滑りをよくする滑液胞など)に炎症をきたすため、炎症を起こしている部位、炎症の程度により種々の症状を起こしますが、まとめて肩関節周囲炎と言います。一般に40歳でおきたら四十肩、50歳でおきたら五十肩と言われていますが、同じ状態を指しています。

一般的に自然治癒すると言われていますが、痛みを抑えつつ出来る範囲で動かしていくことで痛みや動かしづらさなどの症状が早く治ることがあります。またまれにですが、似たような症状でも肩腱板断裂など、放っておくだけでは治らない、手術が必要となる場合もあります。また、頸椎症など、肩ではなく首や他の原因があるかもしれません。これらの判断にはレントゲンやMRIが必要になります。

痛みの強い時期、特に就寝時や何もしていない時にも痛みがあるような時期には、安静が一番です。肩が楽な姿勢で、出来るだけ肩を動かさないようにします。薬や関節内注射で痛みのコントロールを図ります。痛みが落ち着いたらリハビリなどで、ゆっくりと動かしていきます。このときも痛みが強ければ関節内注射を行うこともあります。無理に痛みに耐えて無理やり動かすと悪化したり、痛くはなくても肩があがらないという状態になる可能性もありますので、「動かさないと動かなくなるらしい」と自分だけで無理をしないようにしてください。

ページトップ